シミトリーに副作用はある?

シミ対策ができる美白オールインワンジェルとして話題のシミトリーですが、実際に使うとなると安全性が気になるところです。とくに、敏感肌やアトピーなどの症状がある方は、肌荒れなどがおこらないか不安になる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、シミトリーの副作用の有無や安全性について解説していきます。

シミトリーは敏感肌でも副作用を気にすることなく利用できる

まず、成分から危険性を調べてみると、シミトリーには美肌に有効な成分がたくさん配合されていますが、ほとんどが天然由来の成分ばかりで、刺激の強い化学由来の成分がほとんど入っていません。なぜならシミトリーでは、肌の健康を考えて、パラベンやアルコールなど、化粧品によく使われる刺激の強い7つの添加物を一切添加していないからです。

またシミトリーの美容成分は、肌の内部に浸透しやすいため、肌表面にのこって刺激を与えることがありません。そのため、刺激によって肌荒れになる敏感肌に人でも、副作用を気にすることなくシミトリーを利用することができます。

天然由来成分を多く含むのでアレルギーの危険性はある

天然由来成分を多く含むのでアレルギーの危険性はある

シミトリーには、多くの天然由来成分が含まれています。そのため、化学成分による副作用を気にする必要はほとんどありませんが、天然成分によるアレルギーが起きる危険性は否定できません。とくに、これまでにオーガニック化粧品などを利用してアレルギーが起きたことのある人は、シミトリーでもアレルギーが起きる可能性があります。

天然由来成分を多く含むのでアレルギーの危険性はある

過去に化粧品によるアレルギーを経験したことのある方は、シミトリーを利用する前に成分表を見て、アレルゲンがないかどうか確認するか、かかりつけの医師に相談してから利用しましょう。また、シミトリーを利用してアレルギーが起きた場合は、直ちに使用を中断し、皮膚科の医師の診断を受けてください。

副作用やアレルギーが不安なときはパッチテストをしてから利用する

副作用やアレルギーが不安なときはパッチテストをしてから利用する

シミトリーは医薬部外品のため、基本的に副作用の心配がありません。ネットなどを見ても、シミトリーを使用して重大な問題がでたという報告はなく、安全な化粧品と考えてよいでしょう。しかし、基礎化粧品は、肌に合う合わないがあります。

シミトリーを使用する際に、どうしても心配になるという人は、使用前にバッチテストをしてみましょう。これは、肌に影響がないかテストする方法で、シミトリーを腕などの目立たないところに塗り、絆創膏などを貼って24~48時間ほど放置し、その後肌が荒れてないか確認します。

このテストをしておけば、もし副作用がでても最小限のダメージで済みます。しかもシミトリーには返金保証があり、肌に合わなかったときは、お届けから14日以内なら全額返金してもらえます。肌に合わなかったときでも無駄にならないので、シミトリーが気になる方は、ぜひ今すぐ試してみてください。