シミの原因

女性が美しさを維持する上で、もっとも避けたいものがシミです。シミができてしまうと、せっかくの美肌が台無しになってしまいます。シミによる肌トラブルを防ぐためには、シミができる原因などを知っておき、的確に対処するようにしましょう。

シミはメラニンが肌に沈着して起こる

シミはメラニンが肌に沈着して起こる

肌にシミができる原因は、メラニンという物質にあります。メラニンは、肌に色味を与える色素の一種で、表皮の一番下にある「メラノサイト(色素細胞)」でつくられます。このメラニンは、紫外線から肌を守る作用があり、肌に強烈な紫外線が当たると、肌内でメラニンが活発に生成されます。

皮膚のなかで生成されたメラニンは、肌のターンオーバー(新陳代謝)によって、古い細胞と一緒に外へと排出されます。しかし、何らかの原因でメラニンが皮膚のなかにのこったままになると、肌が黒ずんだままになる色素沈着がおこり、シミになってしいます。

紫外線や活性酸素がメラニンの色素沈着をうながす

紫外線や活性酸素がメラニンの色素沈着をうながす

メラニンが肌のなかにのこる原因は、いくつかあります。たとえば、長年肌が紫外線にさらされ続けると、ダメージを受けた皮膚の細胞が再生しにくくなって正常なターンオーバーがおこなわれなくなり、メラニンを排出できなくなります。とくに肌が乾燥状態になっていると、肌を守るバリア機能が弱くなり、皮膚の細胞がダメージを受けやすくなります。

また、日常で強いストレスを受けたり、タバコなどを吸ったりしていると、皮膚のなかで活性酸素が増加します。活性酸素は、肌の細胞を老化させる原因であり、新陳代謝をさまたげる原因になります。その上活性酸素は、メラノサイトを刺激するので、メラニンが過剰に生成されてシミができやすくなります。

シミを改善するには生活習慣を改めシミトリーなどの美白化粧品を利用する

>シミを改善するには生活習慣を改めシミトリーなどの美白化粧品を利用する” width=”1000″ height=”563″ class=”alignnone size-full wp-image-79″ />
<p>できてしまったシミを改善するには、ターンをーバーを乱すような生活習慣を改めることが重要です。しっかりと肌のターンオーバーが機能していれば、皮膚に沈着した色素も排出されやすくなります。どうしてもシミが消えない場合は、レーザー治療などの美容医療で消すこともできます。</p>
<p>また、普段からきっちり紫外線対策をおこなってメラニンの生成を抑え、ターンオーバーをうながすスキンケアをおこなうことも効果的です。とくに美白化粧品を普段から利用すると、シミを予防することにも繋がり、美肌を維持することができます。</p>
<h2><span id=まとめ

美白化粧品にはいろいろな種類がありますが、なかでも「シミトリー」などのオールインワン化粧品を利用すると便利です。地肌の美しさを活かすメイクがしたいなら、シミトリーなどの美白化粧品を利用して、シミのない肌を維持しましょう。