顔のシミにはレーザーとクリームどれがおすすめ?

女性にとって永遠のテーマであるのは「美」への欲求ですね。
女性は年齢に関係なくいつまでもキレイでいたいと思うのが本質です。

多くの方がお悩みなのが顔のシワやシミです。
そんなお悩みの方におすすめなのが「シミトリー」です。

化粧品でシミ対策をする方法

化粧品でシミ対策をする方法

多くの女性がお悩みのこととしてシミや小じわなどについてのことです。
顔の頬などにできるシミは、意外と目立つものです。
シミがあるだけで実年齢よりも老けてみえてしまうこともあるでしょう。
その為、日頃からの徹底したケアがとても重要になってきます。
日頃のケアが10年先の自分の肌の状態を作ると言っても過言ではありません。
もし、シミができてしまった場合でも、できるだけ早くケアをすることが大切です。

では具体的に効果的なシミ対策とはどのようなものなのでしょうか。
ここでは化粧品でシミ対策する方法をお教えします。

シミにも様々なタイプがありますが、紫外線による影響というのは非常に大きいものです。
紫外線によるできるシミは色素沈着によるシミです。
またそばかすなども、シミの一種と言えます。
シミ対策として効果がある化粧品としては、美白化粧品などで改善できるとされています。

美白化粧品と言っても様々な種類が各メーカーより発売されており、実際どれを使えば効果的なのか迷いますよね。
成分としてビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、エラグ酸などの美白成分が含まれているものがおすすめです。
美白効果のある化粧水やクリームなどが一般的です。

シミトリーでシミの悩みは解決できる?

シミ対策としておすすめなのが「シミトリー」です。
「シミトリー」を使うことによってシミの悩みは解決できるのでしょうか?

「シミトリー」は薬用の美白オールインワンジェルです。
こちらの「シミトリー」ですが本気でシミ対策を考えている方にとって強い味方となってくれ、
実際に使用された方からの評価も非常に高いのです。
これひとつ使うだけでシミが簡単にとれたと評判なのです。

今までいろいろなものを試してきても、思ったような効果が出なかったという方にとってもおすすめの商品です。
「シミトリー」は医薬部外品のオールインワンアイテムとして絶大な人気を得ています。
「シミトリー」の成分はシミだけでなく、シワや乾燥にも効果があります。

シミトリーと比較されるシミウスについて

シミトリーと比較されるシミウスについて シミトリーと比較されるシミウスについて

シミ対策として多くの支持を得ている「シミトリー」ですが
それとよく比較されるものとして「シミウス」という商品があります。

顔のシミ対策美容液は様々なタイプのものがありますが
その中でも代表格とされる2トップとして「シミトリー」と「シミウス」があります。
どちらの商品も評判や効果などその評価は高いものがあります。

実際にシミ対策用のアイテムとして「シミトリー」と「シミウス」では
どちらが効果的なのでしょうか?

その違いを知る上で成分が重要となります。

シミウスの成分は以下の通りとなります。

  • プラセンタ
  • コラーゲン
  • グリセリン
  • グリチルリチン酸ジカリウム

それに対して「シミトリー」の成分は、

  • フラバンジェノール
  • ハイドロキノン誘導体
  • 浸透持続型ビタミンC誘導体

この成分を見るとどちらも肌に優しい良い成分が使われています。
結論から言うと成分に対しての特色は「美容効果」があるのがシミウスで「シミ除去効果」に効果があるのが「シミトリー」です。

シミのケアということを考えると「シミトリー」のほうが効果的でオススメ言えるでしょう。
シミに強力にアプローチし、シミの除去効果という意味では「シミトリー」のほうに軍配が上がります。

レーザートーニングとは?

レーザートーニングとは?

皆さんは「レーザートーニング」というものをご存じでしょうか?
はじめて聞いたという方の為に、簡単にご説明します。
「レーザートーニング」とは、
肝斑の治療やシミの改善を行う美白・美肌治療のことを言います。

レーザー治療のひとつであり、
「メドライトC6」という専用の機器を使います。
非常に弱いパワーで肌にレーザーを当てることによって
メラニンを少しずつ減少させていくのです。

シミのひとつである肝斑は、これまでは治療が困難なものとされていましたが
レーザートーニングによりスムーズに肝斑の治療ができることが大きな反響となりました。

レーザートーニングの種類は?

レーザートーニングにはいくつかの種類があります。
ここではそれぞれの特徴や費用について説明します。

レーザートーニングは主に以下の3つの種類があります。

3種のQスイッチレーザーの違いは波長と原理にあります。

YAGレーザー

波長: 532nm/1,064nm
YAGとはイットリウムとアルミニウムの複合酸化物からなるガーネット構造の結晶。
値段相場: 1cm四方のシミで 約1万円~3万円円

Qスイッチルビーレーザー

波長: 694nm
原理: ルビーの結晶を用いたもの
値段相場: 5mmくらいのシミで約5,000円

Qスイッチレーザー

QスイッチYAGレーザーの一種。
値段相場: 5回で15万~20満

レーザートーニングは非常に弱いパワーでレーザーを照射することにより、シミを除去していますので
お肌に対しての負担が少なくてすみます。

まとめ

シミ対策には様々な化粧品があります。
またシミの除去にはレーザートーニングという施術を行うことによりできます。
レーザートーニングは費用的にも結構な金額がかかります。
やはり日々のお肌のケアが最も重要となります。

日頃のシミ対策として「シミトリー」はコスパ的にも良くオススメなアイテムと言えます。
毎日簡単に「保湿」と「美白」のケアもしっかりできます。
楽天ランキングでも1位を獲得している実績があります。

シミトリー口コミはこちらから